学校の概要

1.位置・概要
 本校は宜野湾市の南部、海抜91mの高台に位置し、校区は浦添市と西原町に隣接しています。周辺は住宅街に囲まれ、普天間基地が近くにあるものの緑豊かで落ち着いた所です。
 昭和57年4月に、宜野湾小学校と嘉数小学校の過密校解消のため、両校から分離し、志真志の大久保が原の地に新設、開校されました。初代宮城眞英校長のもと4月7日開校式典、翌8日始業式、入学式を行い、1080名の児童と共に力強くスタートしました。開校と同時にPTAが結成され、子ども達の健康増進と学習効果を上げるため、理科観察園並びに学級園や各種遊具施設、植樹等がPTA作業でなされ、教育環境の整備が着々と進んでまいりました。
 開校後の主な教育活動は、昭和58年度市指定理科グループ研究、昭和59年〜61年度3カ年間県指定理科モデル校の研究、昭和63年度は、市指定算数の研究校、平成3年度は、生活科の研究を積み重ねて研究の成果をまとめて報告しています。さらに、県緑化コンクール表彰、スポーツ面や文化面での著しい活躍でミニバスケットボール部や音楽部等全国大会出場がありました。
 平成3年度には創立10周年、また平成13年度には創立20周年、そして平成23年度には創立30周年記念式典が、それぞれ盛大に開催されています。
 近年、本校児童数は700人台で推移しており、宜野湾市内9小学校の中では中規模校となっています。
 学校区は我如古区と宜野湾区からなり、我如古区と本校を結ぶ児童専用の通学路架橋「な嘉よ志橋」が、平成22年3月に完成し、児童の安全な登下校に役立っています。学校周辺には市立図書館、琉球大学、沖縄国際大学、中部商業高校があり、学園都市の環境となっています。
 平成29年4月から「宜野湾市立志真志小学校校舎、水泳プール・屋内運動場、幼稚園園舎増改築事業」に係る工事が始まりました。令和元年8月26日の2学期始業式から新設校舎への引っ越しを行い、令和2年1月25日には校舎落成式・祝賀会が開催され、新たな教育環境で学ぶ幼児児童とともに、保護者・地域の学校教育への期待が高まっています。


サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図