校長あいさつ

 令和3年度、志真志小学校は789人の在籍児童、36学級56人の教職員(4月10日現在)でスタートしました。(志真志幼稚園は9人の教職員)
 
 昭和57年4月の開校以来、初代校長の宮城真英先生をはじめとする過去14代にわたる校長、そして初代PTA会長の比嘉憲栄氏から歴代の会長、勤務していた教職員と保護者等関係者の皆様のご尽力のもと、地域の良さを生かしたさまざまな教育実践が展開され、成果を上げながら、多くの卒業生を送り出してきました。
 
 本校創立一周年体育館落成記念誌や10周年記念誌「躍進」、そして20周年記念誌「真澄」、30周年記念誌「な嘉よ志」には、当時の関係各位の学校に対するあふれる思いが記され、学校の歩みがていねいにまとめられています。
 さらに、本校では令和元年に新校舎が完成し、充実した設備が整備されました。同年の2学期始業式からはその良さを活かした新たな環境の下での授業が展開されており、令和3年度は創立40周年を迎えます。
 
 国においては、今の子どもたちが社会の創り手となった2030年の社会の到来を迎えることができるような教育改革として新学習指導要領を示しております。そのもとで令和2年度から、新しい教科書を使用した教育課程が完全実施されております。
 また、宜野湾市では「そろえる・つなぐ・はぐくむ教育の推進」を共通テーマに掲げ、生き続き、生きる力の育成に向けて、「5間1観差(学校間差、教科観差、学年間差、学級間差、校種間差、生徒指導観差)」を縮める取り組みを展開しております。
 
 本校においても、これまでの地域や学校のあゆみを大切にしながら、これからの新たな時代の要請にも対応できるように、学校教育目標の達成に向けた取組みを推進してまいります。
 本年度は、特に地名や校名となっている、「志(こころざし)」と「真(まこと)」にこだわり、「志真志っ子」一人一人のよさを見つけるとともに、本校にかかわるすべての人の学びと育ちが実感できるよう、教職員による組織的な関わりによる教育実践を展開していくことを構想しております。
 
 引き続き、保護者や地域の皆様の学校教育へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
令和3年4月         
宜野湾市立志真志小学校 校長


サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図